biz+u - 働く女性のためのリュック

自分らしくのびのびと働く女性を応援するブランドbiz+u 国産革を使い、東京墨田区で縫製した良質のビジネスリュックをお届けします

biz+u - 働く女性のためのリュック イメージ画像

ブログ

★★ Makuakeプロジェクト開始まであと9日 ★★大人になると誰でも経験のある肩こりや腰痛。直接的には筋肉の硬直によって血流が悪くなって起こります。でも、原因は首や背骨、骨盤にあることが多いらしいです。そう、歪み。整骨、整体、スポーツジム、どこへ行っても同じ
『肩こりや腰痛にリュックがいい理由』の画像

子どもが1歳を過ぎ、よちよち歩きを始めました。 日に日に歩くのが上手になり、いつの間にか小走りできるようになっています。 階段も果敢にチャレンジし、バランスを崩して転げることもしばしば。 こんなとき、バッグを片肩にかけていると動きにくいと感じます。 とっさに
『子どもがいるとリュックが便利』の画像

①コスト計算 ②値付け この二つから計算すると、初回ロットで30個を製作した場合の損益分岐点は 23個となりました(・・;)。そんなに売らないと黒字にならないのか・・・?! ■□ 脳内作戦会議開始 ■□ これが多いか、少ないか個人の感覚差はあるでしょうけど、驚いた

次に悩ましい問題。値付け。 はじめに教科書的な話ををすると、価格設定方法には大きく3種類、さらに細かく見ると6種類あります。 【コスト基準】 コストを基準に考える方法 ①コストプラス法・・・原価に一定の利益を上乗せして価格を決める ②目標利益方 ・・・目標利益

自分の求めるビジネスリュックを作るに当たり、どのくらいの資金を準備すればいいのか。 道楽で終わらせず、利益を得るためにはどのくらい売ればいいのか。 損益分岐点について考えてみたいと思います。   工房との打合せを重ね、おおよそのコストが見えてきました。 (1)

企画書っぽいものだけは早い段階で作って家族に見せていました。 「いいんじゃない。」 そんな言葉の裏には(でもやらないんでしょ)という意味も含まれていたと思います。 そんな風に「できたらいいな」の気持ちだけしか持っていなかった私は 3つのことをきっかけに動

前の記事はこちら →1.欲しいカバンが見つからなければ作ればいいじゃない 「自分の欲しいカバンが見つからないなら、作ればいいじゃない」 思いついたのは2013年の夏。そこから軽く2年は経過しています。 なぜか。それは、どうやって作ればいいかわからないからで

↑このページのトップヘ