★☆12/25までXmasキャンペーン中☆★

詳しくは12/11の記事をご覧ください


↓↓ ここから今日のブログです↓↓

こんにちは。biz+uの横山加代子です。

一人でリュックを企画をして作って販売するという副業で、私は経営者ですが、普段は仕事に追われるサラリーマンです。



会社組織の中の私は、まだまだペーペー社員なので上長や経営者に決裁をもらう立場です。
なぜその企画をするのか。根拠は?仮説の裏付けは?収益計画の確実性は?

客観的、論理的に情報を並べ(少し熱意のスパイスを入れて)、組織のラインにいる決裁権者にOKをもらっていく作業。

組織としてGOサインを出した証跡を残す。
そして、万が一失敗した時にはどの段階の誰の判断が間違っていたのかを検証するのです。

そこには個人が責任を取るという要素は全く(ほとんど)ありません。
会社の場合は組織もどんどん変わっていくので、失敗した時には決裁した人や企画した人が不在…なんてこともあり。。

「私は引き継いだだけ。最初の想定は知りません。」

「あの時、部長は(社長は)進めろと言っていた。とりあえず進めてますよ…?」

「環境が変わったのは自分のせいじゃない。」


他方、経営層から見ると、
「下からやらせてくれと企画書が上がってきたから承認したのに、根性が足りん!」

「経営環境の変化くらい敏感に察知して企画の軌道修正をしてこい」

なーんて見えているのかな。

ある程度組織が大きくなると仕方がないことではあるけれど、責任を追及されない代わりになかなか権限も与えてもらえない。


一方biz+uでは、経済的なリスクを一身に背負い、その代わりに好きなように采配を振るうことができます。


例えば商品展開も、
皆様の意見を参考にさせていただいておりますが、決定するのは私。
要望を多くいただく小さいサイズや色違いも私自身が「売れる!絶対に必要な人に届ける!」と決意したらスタートです。

それは、自分が自分の責任においてやる!と腹をくくるから。


どちらが良いとは言い切れません。

自分が経営者になって全責任の元に全て決めるのも楽しいし、

きちんと手続きを踏めば組織が責任を取ってくれるメリットを享受し、スケールの大きな仕事をするのもワクワクする。


『自分がこうありたいというビジョンを明確に持とう!』

そう言われることも多いです。

みなさんはどんなビジョンをお持ちですか?


私はまだはっきりと固まっていません。
自問自答しながらその時に「面白そう!」と情熱を傾けられることにエネルギーを注いで生きています。

あ、biz+uのビジョンは明確ですよ!

《働く女性にの相棒になる》

です。

be with you あなたと共に