子どもが1歳を過ぎ、よちよち歩きを始めました。
日に日に歩くのが上手になり、いつの間にか小走りできるようになっています。
階段も果敢にチャレンジし、バランスを崩して転げることもしばしば。

こんなとき、バッグを片肩にかけていると動きにくいと感じます。
とっさに屈もうとしてバッグが落ちてきたり、
自由に動き回る子どもに合せてつなぐ手を入れ替えたいのにカバンが邪魔、なんてことも。

そして、極めつけは抱っこ。
まだ軽い方ですが、娘が9kgを超え、片手で抱いていると腕の筋繊維がブチブチちぎれる音がします。

両手で抱っこしているとカバンが肩からずり落ちる、

カバンを支えながら片手で抱っこしていると子どもがずり落ちる。

やっぱりリュックタイプが便利ですね。

昨日、赤ちゃん本舗に行ったらマザーズバッグのコーナーにリュックがおいてありました。
しかもかなり目立つ所に。

これまでマザーズバッグと言えば大きなトートが定番でした。
「リュック=子どもっぽい」というイメージが払しょくされ機能が再評価されているんでしょうね。

ビジネスの場でも同様にリュックが違和感なく使えるようになっていると感じます。
早く私のビジネスリュックを完成させて、仕事も子どものお世話も身軽にこなしたい!

サンプル完成まであと2~3週間。
工房からの連絡が待ち遠しいです。

image