★★biz+uの販売用サイトができました★★
★★8月31日まで、10%OFFクーポン発行中→詳しくは過去ブログへ★★

デザイナーに任せればウェブやチラシはかっこよくなる?の幻想

私が初めてプロのデザイナーさんにお願いした仕事はロゴの制作でした。自分でいろいろ考えてみたのですが全然納得のいくものができず、プロに任せようと思ったのです。biz+uという名前の由来を説明し、乱暴に丸投げをしました(あの時はごめんなさいm(__)m)。

10個ほど作ってくれた案を見て愕然としました。「思ってたのと違う…」と。プロなのになぜ?この人はセンスがないの?と失礼なことを考えたりもしました。でも家族に見せた時に、なんとなくわかったのです。いいと思うロゴを選んでもらったところ、家族内で票が割れ、私が絶対にないと思っていたものを一番いいと言った人もいました

簡単にいうと、「かっこいい」の定義は人それぞれということなんです。
その後、自分の気持ちを大事にしてアレンジをしてもらい今のロゴに落ち着きました。

logo

デザイナーに依頼することと自分でやること

例えば、Webページに掲載するのトップ画像をイメージしてください。あなたはデザイナーにお願いしようとしています。あなたならどんな依頼をしますか。

「商品を使っているところがわかる写真を使って印象的に。あとはかっこよく仕上げてください。」

これは私が実際にお願いした時のセリフですが、結論から言うとNGです。

繰り返しになりますが、私はデザインのセンスがないからプロに頼みさえすれば万事解決すると思っていました。私があれこれ考えるより、デザイナーさんが出してくる案に頼った方が素敵なものが出来上がるだろうと。

でも、実際は違っていました。商品のことを一番知っているのは私です。その魅力の何を伝えたいのか、だれに伝えたいのか、どんな印象を持ってもらいたいのか。それをきちんとデザイナーに伝えなければ『いいもの』はできないのです。

じゃあ、どうやって伝えたらいいのか…
直接デザイナー本人に聞いてみよう!ということで勉強会で講義していただくことにしました。
興味のある方はぜひご参加ください。かなーり濃い内容でお送りします。

8月26日(土)9:30~11:30 宝町駅徒歩5分の会場で開催
お申込みはこちら↓↓今回だけのスポット参加も可能です
勉強会バナー


最後に、
biz+uを立ち上げた私の本業は(かっこよく言えば)システムコンサルタント。デザインとは縁のない生活をしてきました。そんな私がリュックをデザインできたのは、機能重視のシンプルなものを目指したから。リュックに関してだけは、大切にしたい魅力が私の中で明確で揺るがなかったのです。だから多くの人に共感してもらえるプロダクトデザインができたのだと、今ならわかります。

be with you あなたとともに