★★あと1日!6月29日までクラウドファンディング「Makuake」で先行販売チャレンジ中★★

クラウドファンディングを利用する価値はどこにあるのでしょう。
資金が集まること?サイトの集客力を使ってプロモーションできること?

使って分かった
クラウドファンディングを利用したほうがいい本当の理由

クラウドファンディングを使う目的はいくつかあります。
①まとまった資金を集める。
②一般販売前のテストマーケティングに使う。
③先行販売として使う

今回biz+uでは②と③の目的でクラウドファンディングを利用しました。
そこで感じたメリットをご紹介します。

個人でも利用しやすい


金融機関などで資金調達をする際には、事業としての信頼性を証明するため書類作成が必須。これはスタートアップで実績のない事業者にとってはなかなかのハードルになります。

一方、クラウドファンディングは個人が資金を支援してくれますので、プロジェクトに共感してもらえるかどうかがカギになります。商品やサービスに自信はあるけどまだ実績がないというbiz+uのようなプロジェクトには最適なんですね。

在庫リスクが減らせる


クラウドファンディングの方式には2種類、目標額に達しないと成立しないタイプ(All or Nothing)と目標額に達しなくても成立となるタイプ(All in)があります。

すでに商品があり、テストマーケティングや先行販売として使う場合には後者のAll in方式を使うのが一般的です。これにより、一般販売を迎える前にある程度の販売予約を確保できたり、製造数を調整できたりと売れずに在庫が大量に余ってしまうという在庫リスクを減らすことができます。

商品・サービスの魅力を再定義できる


クラウドファンディングはその名の通り、Web上ですべてが完結します。商品やサービスの実物を見たり体験することなく支援するか否かの判断をしてもらいます。

商品・サービスの魅力を言語や画像、動画を用いて表現するわけですが、これが意外と難しいのです。自分がこだわった部分を自分本位ではなく、見た人に価値を感じてもらえるように表現するのが。

biz+uでも準備期間にどの特徴を取り上げたらいいか、どう表現したらいいか、どんな画像を添えたらいいかということをとことん考えてプロジェクトページを作りあげました。(よく聞かれるのですが、Makuakeのあのサイトは実行者が自分で作らなくてはなりません。運営はツールを提供してくれるだけです。当たり前と言えば当たり前ですが。)

苦労しながら作り上げたプロジェクトページはお陰さまで効果を発揮し、5万円以上という高額商品にもかかわらず60個を超える支援をいただいています。

魅力を発見し、再利用可能なツールに


ここであぶりだしたbiz+uの魅力は、様々な場面で利用できています。セミナーで商品開発ストーリーについてお話したり、ブログの記事に引用したり。今後開設するECサイトでも利用できるはずです。
一度徹底的に整理して消費者に伝わるようにと脳みそに汗をかいた事で、クラウドファンディングの土俵外でも使えるプロモーションツールを手に入れることができたのだと思います。

どんなページなのか興味を持った方はぜひこちらをご覧ください。
660success
 

尚、こちらのプロジェクトはあと1日で終了となります【6月29日18時まで】。
Don't miss it! 

Makuakeのbiz+uリュックはこちらからもご覧になれます

biz+uリュックを必要としている方々に届きますように。

be with you 貴女とともに