今日も昨日に引き続き商品が出来上がるまでを振り返ってみようと思います。
前回の記事はこちら → 10.初めてのグループインタビューで分かったこと 
これまでの経過はこちらから → project profile 

ファーストサンプルが完成してから約3週間後の5月8日、4人の方々に集まっていただきグループインタビューを実施しました。

想定通り?!様々な意見が出てきてちょっと迷子

ビジネスリュックの大きさの正解は?

大きさには自信のあるbiz+uファーストサンプルは、身長によっては大きすぎるとの意見。容量の多さは評価できるものの、見た目の大きさが気になるとのこと。biz+uリュックのファーストサンプルは幅36㎝、高さが40㎝あるので身長が低いと不格好になると。

身長167cmの私には違和感のないサイズなので小さくするか少し迷いました。

→結果的に4cm小さくして、36cm×36cmの正方形のリュック(実際は少し台形)となりました。

リュックのデザインは何がポイント?

手に持った時にリュックっぽくないというポイントは支持されたものの、シンプルすぎて一目惚れの要素が無いとの意見。グサッと心に突き刺さります(ノД`)。
機能から作るとこうなるという理屈はわかるが、第一印象に気に入る要素がないと手に取らないと全員一致の意見。そのくせやけに目立つ金色のファスナーが賛否を分けなにが正解か分からなくなり…
これは大きな課題です!

機能性重視の内装設計について

ポケットの数やPC用のクッション付きスペースなどは満足のコメント多数。機能重視で作ったのだからここはなんとかクリアです!
ただ、デザインが気に入らないと内装が良くても買いにくいという意見も頂き、当たり前だけど、やはりデザインは大事なんだと優先順位を下げたことを反省。

色は好みが分かれる件

デザインでも触れましたが、黒にゴールドの金具は賛否両論。キラキラ好きなら好ましく評価するけど、ファスナー自体見えない方が好きな人も多いと。

また、2色目を作らなら茶系か赤系がいいと。デザインに自信がないなら内装の色や柄、ファスナーの色を工夫して惚れるポイントを作ったらどうかとありがたいご意見。それで行きます!

価格の理想と現実

一般的に冒険しやすいのは1万円以内。デザインが気に入れば、3万円程度なら検討の余地あり。それ以上はかなりハードルが高くなるとの意見多数。

biz+uリュックはいい革を使っている上に大きいため、材料費だけでも2万円は軽く超えます。あとは構造の複雑さで職人さんの工賃が上下するため、価格と機能のこだわりのバランスが難しい。

サンプルが出来上がった嬉しさで、冷静に商品を見ることが難しかったのでとても貴重な時間となりました。