★★6月29日までクラウドファンディング「Makuake」で先行販売チャレンジ中★★

Makuakeのbiz+uのサイトにご支援いただいた皆様ありがとうございます!!

今日も昨日に引き続き商品が出来上がるまでを振り返ってみようと思います。
前回の記事はこちら → 9.ファーストサンプルの感想~良かった点・悪かった点~
これまでの経過はこちらから → project profile 


ファーストサンプルが完成してから2週間。
使いながら改良点を洗い出したものの、次に何をしていいか分からずにいました。


やっぱりターゲット層の意見を聞いてみなくては

漠然とそう思っても誰かがやってくれるわけでもなく。。
企業で商品企画をやっていれば別ですけど、普通の人はなじみのない世界。
私は昔何度か消費者側で参加したことがありますが自分で企画するのは全くの初めて。
何事も挑戦!ということで見よう見まねで開催です。

でもどうやって??困ったときは5W1Hで整理しよう

①WHY :目的
②WHEN :開催時期
③WHERE:開催場所
④WHO :参加者
⑤WHAT :インタビュー内容
⑥HOW :進め方
整理されたけど、全部ひとりでやるのか。。大変だ( ;∀;)

 ①WHY:目的

ファーストサンプルについて意見をもらうことが目的です。
最終的には、改良点、販売方法などについて具体策につながる意見ももらいたいです。

 ②WHEN:開催時期

開催候補は2016年の5月上旬から6月上旬あたりに決めました。思いついてから開催まで1ヶ月なかったので調整が大変でした。
特に締め切りはないものの、あまりダラダラしていても仕方がないので急ぎ気味の日程にしたのですが、参加者の予定を調整するためにはもう少し余裕を持った方がよかったと反省。

 ③WHERE:開催場所

個人で動くときに場所は結構ネックになります。軽い打合せなら駅前のカフェでもいいけれど
グループできちんとお話を聞くなら、会議室のような場所が必要です。
自宅に招くわけにもいかず、どんな場所でやればいいのやら。。。と途方に暮れていたところ、
事情を知った友人が、会社の会議室やマンションの会議室を貸してくれました。
有難い( ;∀;) ※その後区民館の会議室を利用できるように利用申請しました。

 ④WHO:参加者

biz+uリュックを作るときに考えたメインユーザーは30代~40代の働く女性で荷物が多い人
私がリュックを作っていることを知っている友人や知人に、グループインタビューをやってみたいと相談しターゲットになりそうな知人などに声をかけてもらいました。最終的に30代後半の女性6名に話を聞きました。

 ⑤WHAT:インタビュー内容

一番のキモです。
商品の改善につなげるために、デザイン機能価格の3点を中心に話を聞くことにしました。
実際のインタビューレポートは後日ご紹介したいと思います。

 ⑥HOW:進め方

1回の人数は4名。時間は2時間で実施しました。
一人プロジェクトだったので、司会進行、ファシリテーションは全て自分で。
今使っているカバンの悩みや購入の決め手などをヒアリング後、biz+uリュックを見せて感想を聞く。という流れで進めていきました。


ファシリテーターをやったのは失敗。せっかくもらう意見なのに…

戸惑いつつも自分で進めたグループインタビュー。
冷静に意見を伺うつもりで臨んだのに、頂いたコメントにいちいち言い訳をしてしまう自分がいました。
「大きすぎる」という意見には
 敢えて大きめなんです。だって、あんなものも こんなものも 入れたいじゃないですか。

「見た目が地味」という意見には
 機能重視だからデザイン性は考えてなくて。。。

と、こんな感じです。分かっちゃいるけど...この点は最後まで苦しみました。
しかし、別の人に頼んだ方がよかったかと聞かれるとちょっと迷います。
ダイレクトに意見交換することで理解できたユーザーの視点もあるし、
直接伝えられた想いもあるからです。

自分の商品に対してグループインタビューをしたいと考えている方へ
いかに冷静に意見を聞くかが大事です。言い訳しながらでも、
自分と異なる意見を殺さずヒアリングしきれるかがポイントだと思います。

あと、女性ばかりのグループインタビューは話の脱線にご注意ください( *´艸`)

be with you 貴女とともに。