★★6月29日までクラウドファンディング「Makuake」で先行販売チャレンジ中★★

突然ですが、クイズです。
biz+uリュックは、あるWebサイトに2つのパターンの広告を出しました。
どちらの方が効果があった(クリック率が高かった)と思いますか?

Aは機能重視の訴求、Bはシーンをイメージさせる訴求です。

type-ab


(答えはもうちょっとあとで... ^^; )


セールス広告のキャッチコピー、
プレゼン資料のタイトル、
場合によってはメールの中でも
いろいろなところでキャッチコピー的なものを書くことがありますよね。

しかし、興味を引くキャッチコピー、効果の高いメッセージを
考えるのって難しいものです。


効果の高いキャッチコピーをつくるたった1つの方法

それは、実際にテストをしてみて
効果があるかどうかを調べることです。それ以外の方法は難しいと思います。
時代や流行で人の感情は変わっていきますし、
広告を出す場所によって受け取り手の印象も変わってきます。


さて、冒頭の2つの広告。
効果が高かったのは実はAの方です。

メディア系Webサイトでは、
 Aのクリック率 0.37%、Bのクリック率 0.25%。
サービス系Webサイトでは、
 Aのクリック率 0.11%、Bのクリック率 0.07%
という結果でした。

ちなみに訪問者の属性は、
「メディア系のサイト」では20〜40代の女性ユーザーが7割、
「サービス系のサイト」は男女問わず学生〜30代のユーザーがほとんどです。
メディア系のサイトの方が、biz+uリュックのターゲットに近いので
クリック率が高かったのも納得です。

もちろん広告バナーのクリック率はビジュアル(見た目)によっても
左右されますので、そちらも合わせて検討しなければなりませんね。


biz+uリュックを必要としている方々に想いが届くよう
もっともっと伝わるメッセージを考えていきます。

be with you 貴女とともに