★★6月29日までクラウドファンディング「Makuake」で先行販売チャレンジ中★★


SEOに強いホームページ・ブログにするなら

  • 1ページあたり2000文字
  • 最低でも1ページあたり1000文字は欲しい

といった話があります。

これって本当だと思いますか?

SEO対策


【半分正解で半分間違い!】


Google検索に限った話をしますね(といっても、Yahooもほぼ一緒ですが)。

2017年6月時点では、「ユーザーにとって価値のあるページを提供しているサイトを検索結果上位に」というルールになっています。

つまり、文字数が少な過ぎければ、ユーザーが「おぉ!」と思えるようなリッチコンテンツは出来ていないと言われても仕方がないのです。

ただし、文字数が多ければいいというわけではありません。例えば、アルファベットのAから順に2000文字分のページを作ったって、ユーザーにとって価値あるページではないので、Google検索的には「このページ意味不明!」といって検索順位は上がりません。


【じゃあ、ページに使う文言って気にしなくていいの?】


ある言葉で検索時に検索順位が上位、更に言ってしまえば検索結果ページの1ページ目にくるサイトのうち上位3サイトは、かなり意識的にSEOが出来ているサイト・ブログだと言っていいでしょう。

確かに、サイトやブログそのものが検索エンジンに上手くひっかかるように対策出来ているということもあるのかもしれませんが、実は、よーく見てみると1つの法則があります。

それは何かと言うと…




【ページ上部にユーザーが気になる言葉が自然にある】


という法則があるのです。

例えば、ビジネスリュックだと


  • ビジネス
  • リュック
  • マナー
  • 女性
  • 社会人

といったワードって、ビジネスリュックの購入を検討している人にとっては気になるキーワードたちなのです。

そんなキーワードがページ全体、特にページの上部に集中していると、検索にひっかかりやすいサイト・ブログになりやすいのです。

つまり、


  • ユーザーが気になっているキーワードを
  • ページの上部に
  • 自然な形で文章の中に入れている

サイト・ブログは「良いSEO対策ができている」と言えます。



翻って、この「biz+u」ブログは、「biz+u」リュックのことだけではなく、社会人として仕事をしていく上で少しでも役に立ちそうな内容も盛り込んで配信しています。

「biz+u」リュックもブログも、皆さんにとって価値ある存在と思って頂けるようになりたいです!

働く女性に価値あるビジネスリュックを

 

be with you 貴女とともに