★★6月29日までクラウドファンディング「Makuake」で先行販売チャレンジ中★★

Makuakeのbiz+uのサイトにご支援いただいた皆様ありがとうございます!!

今日は商品が出来上がるまでを振り返ってみようと思います。
これまでの経過はこちらから → project profile 

初めて形になった自分のリュック。その出来栄えは...

2016年4月15日、有給休暇を使って工房を訪ねました。

一目見て、「わぁ!すごく素敵なバッグですね!」という言葉が口から飛び出るほど感動しました。

黒の革に金色のファスナーや金具で派手すぎないかなとか、大きすぎて不格好だったらどうしようとか、色々考えていたのが全て杞憂に終わり、何とも上品で手に取らずにいられないリュックに仕上がっていたのです。(大袈裟ですね。笑)

image


素人ならでは?!の失敗

かなり気持ちが浮足立っていて、受け取りの時に何をすればいいかよくわかっておらず、
べたべた触って、荷物を入れてみて、「いいですね!」を連呼して、、
仕様通りにできているか、とか、職人さんが工夫してくれたポイントなんてろくに確認もせず打合せを終わらせてしまいました。

写真すら撮っていないという...( ;∀;)

私が肩ベルトの長さをあいまいに設計したため、かなり長めに作っておいてくださったのですが、
どのあたりに穴をあけるか聞かれてもまともに答えられない始末。
リュックが背中のどの辺にあるのが正解なのかがわからなくて「なんとなくこの辺でいいです」と決めてしまい、これが3rdサンプルまで尾を引きました。。(詳しくは後ほど)

職人さんもやれやれ…と思っていたことでしょう。お恥ずかしい。

サンプル完成までに11週間かかった理由

最後の打ち合わせが1月26日。はじめは3月上旬に仕上がるスケジュール感で話を進めていました。
ところが、ここで私の痛恨のミス!というかダメ人間ぶりが炸裂!
打ち合わせの時にいくつか宿題が出ていたのですが、なかなか仕様を決められず回答までに1か月ほど時間を置いてしまったのです。。
その結果、工房の他の生産とスケジュールがぶつかり、職人さんの手が空くのを待ってから制作、ということになり通常よりも長い時間待つことになりました。

はい。完全に自分のせいです。

その時は工房のリソースにまで考えが及ばず、とても迷惑をかけたと反省しきりです。
これだから素人は!とは思っていなかったようですが、本気度を疑われても仕方がないことをしておりました。

今日はこのへんで。

be with you 貴女とともに。